トップ 追記

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2016-07-04

_ 7/8(金)にイーグレひめじでSEALDsのドキュメンタリー映画「わたしの自由について~SEALDs 2015~」無料上映会やるから来て

日記に書きたいことはいろいろあるのですが、tDiaryからの移行を考えていて書くことを控えていたら1ヶ月も空いてしまいました。 だけど、これは告知しなきゃイカンということで書いておきます。

7月8日(金) 17:45からイーグレひめじでSEALDsのドキュメンタリー映画「わたしの自由について~SEALDs 2015~」の上映会を開きます。

正直なところPeatixの登録は全く伸びてないし、当日、未登録の人がどれだけ来るのかサッパリわかんないので不安です。 いや、来られる方が少ないなら構わないのですが、多く来られると人員がいないので対処のしようがないのですよね…。

ということで観たいなと思った人は、とりあえずポチっといてください。

Tags: movie

2016-05-31

_ いろいろありますわな

書くことはあるのだけど、いろいろあって書いてませんでした。

Tags: life

_ LibreOffice Writerで文字数と行数を指定する(2016年版)

LibreOffice Writerで文字数と行数の設定はFAQというか、ずっと繰り返される質問ですが、まとまっていないので検索したらひっかかるように書いておきます。 内容としては、以前、LibreOffice Users メーリングリストに投稿した内容とほぼ同じですが、段落スタイルのフォントについての注意も書き加えているので2016年版となっております。

「文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)」オプションの設定

まず、オプションの設定をします。

メニュー[ツール]→[オプション]を開きます。そして、LibreOffice Writer→全般にある「文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)」を見て、チェックが入ってなければ入れておきます。

オプション

段落スタイルの設定

LibreOfficeの日本語フォントは標準でプロポーショナルフォントが設定されています。そして、段落スタイルの「本文」には行間(行送り)がパーセントで設定されているためマス目と文字がずれます。

文字とマス目がずれる

これを防ぐためにフォントを固定幅フォント、行送りを1行に設定します。

サイドバーの「スタイルと書式設定」を開きます。 段落スタイルの「標準スタイル」を開き、[フォント]を西洋諸言語、アジア諸言語ともに固定幅フォント(IPA明朝や游明朝など)を指定し、OKボタンを押します。

固定幅のフォントを指定

続いて「本文」スタイルを開き、[インデントと間隔]の間隔にある「段落下部」を「0.00cm」、行間を「1行」にします。 本文行頭を1文字下げる場合は、インデントの「最初の行」に「1文字」と入力します。そうすると入力した「1文字」が自動的にcm単位に変換されます。

インデントと間隔を設定

ページスタイルの設定

LibreOfficeのページ管理はMicrosoft Wordとは管理方法が全く異なり、スタイルとして管理されています。 ページの設定をするために、サイドバーの「スタイルと書式設定」のページスタイルか、メニュー[書式]→[ページ]から標準ページスタイルを開きます。

そして、ページの用紙サイズや余白、ヘッダー、フッターなどの設定があれば済ませ、[行数と文字数]タブに移動して、「行数と文字数」の「行数と文字数指定(グリッド線)」を選択します。

これで、やっと文字数と行数の設定です。 ここからは少しややこしいので箇条書きで書くと

  1. 行数と文字数の設定の「1文字の最大サイズ」と「ルビ文字の最大サイズ」を1ptまで下げます。(文字数と行数が目いっぱいまで設定できるようになります)
  2. 「行単位の文字数」を設定したい文字数に設定します。(文字数に合わせて「1文字の最大サイズ」が自動設定されます)
  3. 「ページ単位の行数」を設定したい行数に設定します。
  4. 行間が詰まりすぎなので、「ルビ文字の最大サイズ」を「1文字の最大サイズ」の半分程度(たとえば1文字の最大サイズが24ptなら12pt)までの大きさに設定します。

「1文字の最大サイズ」と「ルビ文字の最大サイズ」を1ptまで下げる

自分の狙った文字数、行数に設定をするコツとしては余裕を持って設定して、詰めるような形にするとうまく設定ができると思います。

こんな面倒な事をしなきゃいけなくなったのはメールにも書いてますが、OpenOffice.org時代には「1文字の最大サイズ」と「ルビ文字の最大サイズ」を文字数に合わせて小数点以下の数値まで設定できたけれど、LibreOfficeでは整数のみになって誤差が大きくなるようになったからなんですね…。

それはさておき、手間はかかりますがLibreOfficeでも、文字数、行数を指定することは可能なので試してみてください。


2016-04-24

_ Chuwi Hi8 Pro買ったよ

授業中、次に話すスライドをスマートフォンで確認していたけれど大画面とはいえ見づらく、そして電車の中で資料を読むためのタブレットが欲しいなと思って探していたところ、Intel Atom系のタブレットが1万円前後で結構出てたのでDebianのインストール実験も兼ねて買いました。

買うとき、資料を読むためということでTeclast X89 Kindowとも迷っていたけれどChuwi Hi8 Proにした決め手は、CPUがCherryTrailと新しい、USBコネクタがType C、プリインストールのAndroidが5.1と言ったところでしょうか。

CPUのCherryTrailとBayTrailは、どちらも非力なので体感上の違いはさほどないらしく、プリインストールされたAndroidも5.1と4.4の違いはあるけれどDebianインストールの実験用でぶっ飛ばしてもかまわないと思っていたので、どちらを選んでも良かったのですが、実験用ならやはり新しいデバイスが載ってるほうがいいだろうということでChuwi Hi8 Proにしました。

GearBestの通販で購入しましたが、この店、おそろしく出荷が早かった! 4/22の昼に注文して「海外輸入は遅いから今月中に着けばいいなー」と考えてたら3時間後に梱包の写真付きで「出荷しました!」とメールが来て今朝、家に届きました。感覚としては国内通販と変わらない感じでした。


ひとまず、さわってみた感じは画面がキレイです。解像度も8インチで1920x1200もあるせいか粗さもなく、いい感じに見えます。タッチパネルの反応も悪くはありません。ボディはプラスチックですが表面に滑り止めの加工でざらつきをもたせていたりして、いい割り切り方だと思います。

起動するとOS選択画面になりますが、ボリュームの上下と電源ボタンで選択と決定になります。最初、タッチパネルで選択して「壊れてる?」と思いましたが、そういうことだったようです。

Windows 10がデフォルトの起動OSだったのでWindowsの感想から書くと、画面は可もなく不可もなくといったところ。液晶の解像度が高いせいか游ゴシックの見た目は美しいのですが、ところどころに出てくるビットマップフォントのバランスが悪く、全体的に見ると妙な感じになって残念な感じ。

アプリの起動は少し待たされますが、起動すればそれなりの速度で動きます。 ストレージ空き容量は6GBほどで、プリインストールのアプリを削っても容量は増えないので、アプリのインストールはほぼ無理だと思います。SDカードとトリッキーなテクニックを使えば容量は稼げるみたいですが面倒くさそうです。

Windowsのデスクトップに「Switch Now」というアイコンがあるので起動すると、ブートローダーで選択することなくAndroidに切り替えられます。

Androidのバージョンは5.1で、こちらは操作性に難はなく、タブレットとしてはAndroidのほうが使いやすいと思います。 プリインストールのアプリはインストールされておらず、GoogleアプリもGoogle Playしか入っていないなど素のAndroidの状態というのも好感持てました。 ストレージ容量は7GBほどで、Windowsより若干多いけれど使っていくとすぐになくなりそうでした。


短時間ですが使ったまとめとしては「Windowsは無理しすぎて使えない。Androidは可もなく不可もなく」といったところでしょうか。

Windowsは頑張っているのですが、ストレージ容量の問題もあり常用はかなり厳しいように感じました。 一方、Androidは、Windowsのような目立った欠点もなく意識せず使えるので、通常はAndroidを使用して何かあった時にはWindowsに切り替えて使う、というような使い方になると感じました。

Tags: gadget pc

2016-04-15

_ Brian Wilson Pet Sounds 50th Anniversary Japan Tourを見てきたよ

よかった!感想は、それだけしか無いのだけれどよかった。

前回(2002年!)のPet Sounds Tourは緻密に再現することを重視していたように思うけど、今回はアル・ジャーディンやブロンディ・チャプリンが参加していたり、ジェフリー・フォスケットが抜けてたりとメンバーが違うこともあってか再現よりもラフに楽しい感じのライブでした。

高音部分のボーカル・コーラスはジェフリー・フォスケットが抜けてたのでどうなるのかと思ったら、アル・ジャーディンの息子のディーン・ジャーディンが担当していて親子でいいなーと感じたのと、衣装を何度も変えたりしてステージでおどけていたブロンディは今回、ホントいい仕事をしていたと思いましたね。

Tags: music

_ 熊本の地震

ライブが終わって帰ってきたら地震速報があったけれど夜中で余震だと思っていたから、朝起きてこんなことになるとは思ってなかった。

Tags: life

2016-04-05

_ tDiaryのHTMLファイルからMovableType形式のファイルを生成する「td2mt.sh」を書いた

tDiaryのHTMLファイルからMovableType形式のファイルを生成する、「td2mt.sh」というシェルスクリプトを書きました。

このスクリプトは、今見ているtDiaryのページやtDiaryプラグインのsqueeze.rbが生成するHTMLファイルから、xmllintとsedを使って要素を抜き出しMT形式で書き出すというシンプルなシェルスクリプトで、記法に左右されずCMSで利用できるデータが書き出せます。

先月3月30日のDocument Freedom Day(ドキュメント自由の日)に合わせて公開するために作り始めたけれど、力技なのでテストをするとすり抜けやゴミが多く、対処をしていたら結局1週間遅れでの公開となってしまいました。

テストというと、この日記データを使って変換、WordPressにインポートという事を繰り返していましたが、日記を読み返して当時の自分を思い出したり、まあ、良かったと思いますよ。

詳しい使い方については、githubに置いている文書に順をおって移行の方法を説明しているので、これにしたがって作業をすれば問題はなく移行できると思います。 うまくいかなかった場合やバグなどがありましたら、TwitterやIssueなどで教えてもらえるとありがたいです。

Tags: tdiary

2016-04-03

_ 伊丹であった桜のスイーツウォーキングで歩いてきたよ

伊丹の昆陽池から瑞ケ池、緑が丘公園を回って伊丹図書館ことば蔵まで、桜を見ながら歩くウォーキングツアーで歩いてきました。

このウォーキングツアーでは、歩き始める前にガイドの方による桜について事前のレクチャーがあったのですが、この説明がマニアック!そして資料が結構な分量かつ丁寧! そして、実際の木を見ながらの説明も日本の桜の80%を占めるソメイヨシノの説明はほどほどに、野生種の桜を中心に説明されていて、めちゃくちゃ面白かったですね。

ガイドさんが見せたかったであろう野生種の桜は開花時期がずれていて、つぼみばかりだったのは残念だったけれど、ソメイヨシノは満開で、いいウォーキング日和でした。

Tags: life

2016-03-25

_ 塚口サンサン劇場で「David Bowie is」を見てきたよ

デビッド・ボウイの回顧展を紹介しながら、デビッド・ボウイ本人のインタビューやまつわる人々が語るドキュメンタリーだけど、これから大々的に活動を再開に向けて作られたので、映画の最後、回顧展を見た人のインタビューで「あとはライブを見るだけね」と答えていたのが悲しかったな。

ほかには、時代はわからないけどボウイが歌詞のインスピレーションを得るために、ランダムな文章を作るプログラムを書いて使っていた話や、PULPのジャーヴィス・コッカーがデビッド・ボウイから受けた歌詞の影響の話で、このMis Shapesの一節「Misshapes, mistakes, misfits」とデビッド・ボウイについてのエピソードが興味深かったですね。

Tags: movie music

2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。