トップ 追記

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。


2015-05-22 [長年日記]

_ 風邪で倒れている

最近はそんなになかったけど、いや、ちょいちょいあったかもしれないけど、一昨日の晩におかしい!?と思ったら一気にきました。昨日は授業があったので、なんとか出たけれどヘロヘロで、やっと倒れられるので寝てます。

Tags: life

_ Intel Edisonのデバイス周りを見てみた

そういえばIntel Edisonってどんな性能か知らなかったので、/proc/cpuinfoなどを見てみた。

/proc/cpuinfo

 processor       : 0
 vendor_id       : GenuineIntel
 cpu family      : 6
 model           : 74
 model name      : Genuine Intel(R) CPU   4000  @  500MHz
 stepping        : 8
 microcode       : 0x810
 cpu MHz         : 500.000
 cache size      : 1024 KB
 physical id     : 0
 siblings        : 2
 core id         : 0
 cpu cores       : 2
 apicid          : 0
 initial apicid  : 0
 fdiv_bug        : no
 f00f_bug        : no
 coma_bug        : no
 fpu             : yes
 fpu_exception   : yes
 cpuid level     : 11
 wp              : yes
 flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts xtopology nonstop_tsc aperfmperf nonstop_tsc_s3 pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm sse4_1 sse4_2 movbe popcnt tsc_deadline_timer aes rdrand lahf_lm 3dnowprefetch ida arat epb dtherm tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid tsc_adjust smep erms
 bogomips        : 998.40
 clflush size    : 64
 cache_alignment : 64
 address sizes   : 36 bits physical, 48 bits virtual
 power management:

 processor       : 1
 vendor_id       : GenuineIntel
 cpu family      : 6
 model           : 74
 model name      : Genuine Intel(R) CPU   4000  @  500MHz
 stepping        : 8
 microcode       : 0x810
 cpu MHz         : 500.000
 cache size      : 1024 KB
 physical id     : 0
 siblings        : 2
 core id         : 1
 cpu cores       : 2
 apicid          : 2
 initial apicid  : 2
 fdiv_bug        : no
 f00f_bug        : no
 coma_bug        : no
 fpu             : yes
 fpu_exception   : yes
 cpuid level     : 11
 wp              : yes
 flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts xtopology nonstop_tsc aperfmperf nonstop_tsc_s3 pni pclmulqdq dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm sse4_1 sse4_2 movbe popcnt tsc_deadline_timer aes rdrand lahf_lm 3dnowprefetch ida arat epb dtherm tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid tsc_adjust smep erms
 bogomips        : 998.40
 clflush size    : 64
 cache_alignment : 64
 address sizes   : 36 bits physical, 48 bits virtual
 power management:

BogoMIPS

BogoMIPSについてはこの辺参照。デュアルコアのPentium IIIと同じぐらいの速度なんだ。こんな小さいのにすげえ。

 dmesg | grep -i bogomips
 [    0.000009] Calibrating delay loop (skipped), value calculated using timer frequency.. 998.40 BogoMIPS (lpj=4992000)
 [    0.174281] smpboot: Total of 2 processors activated (1996.80 BogoMIPS)

free -m

メモリは1GBあるんですか。

              total         used         free       shared      buffers
 Mem:        983456       153748       829708            0        16148
 -/+ buffers:             137600       845856
 Swap:            0            0            0

df -h

 Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on
 /dev/root               463.9M    354.8M     73.3M  83% /
 devtmpfs                479.9M         0    479.9M   0% /dev
 tmpfs                   480.2M         0    480.2M   0% /dev/shm
 tmpfs                   480.2M    504.0K    479.7M   0% /run
 tmpfs                   480.2M         0    480.2M   0% /sys/fs/cgroup
 systemd-1                 5.7M      5.3M    462.0K  92% /boot
 tmpfs                   480.2M      4.0K    480.2M   0% /tmp
 systemd-1                 2.2G    194.2M      2.0G   9% /home
 tmpfs                   480.2M         0    480.2M   0% /var/volatile
 /dev/mmcblk0p5         1003.0K     19.0K    913.0K   2% /factory
 /dev/mmcblk0p10           2.2G    194.2M      2.0G   9% /home
 /dev/mmcblk0p7            5.7M      5.3M    462.0K  92% /boot

mount

 /dev/mmcblk0p8 on / type ext4 (rw,nodev,noatime,discard,noauto_da_alloc,data=ordered)
 devtmpfs on /dev type devtmpfs (rw,relatime,size=491416k,nr_inodes=122854,mode=755)
 proc on /proc type proc (rw,relatime)
 sysfs on /sys type sysfs (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
 tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
 devpts on /dev/pts type devpts (rw,relatime,gid=5,mode=620)
 tmpfs on /run type tmpfs (rw,nosuid,nodev,mode=755)
 tmpfs on /sys/fs/cgroup type tmpfs (ro,nosuid,nodev,noexec,mode=755)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/systemd type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,xattr,release_agent=/lib/systemd/systemd-cgroups-agent,name=systemd)
 pstore on /sys/fs/pstore type pstore (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/cpuset type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpuset)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/cpu,cpuacct type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,cpuacct,cpu)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/devices type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,devices)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/freezer type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,freezer)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/blkio type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,blkio)
 cgroup on /sys/fs/cgroup/perf_event type cgroup (rw,nosuid,nodev,noexec,relatime,perf_event)
 systemd-1 on /proc/sys/fs/binfmt_misc type autofs (rw,relatime,fd=22,pgrp=1,timeout=300,minproto=5,maxproto=5,direct)
 systemd-1 on /boot type autofs (rw,relatime,fd=23,pgrp=1,timeout=300,minproto=5,maxproto=5,direct)
 debugfs on /sys/kernel/debug type debugfs (rw,relatime)
 mqueue on /dev/mqueue type mqueue (rw,relatime)
 tmpfs on /tmp type tmpfs (rw)
 systemd-1 on /home type autofs (rw,relatime,fd=32,pgrp=1,timeout=300,minproto=5,maxproto=5,direct)
 tmpfs on /var/volatile type tmpfs (rw,relatime)
 /dev/mmcblk0p5 on /factory type ext4 (ro,nosuid,nodev,noatime,discard,noauto_da_alloc)
 /dev/mmcblk0p10 on /home type ext4 (rw,nosuid,nodev,noatime,discard,noauto_da_alloc,data=ordered)
 fusectl on /sys/fs/fuse/connections type fusectl (rw,relatime)
 configfs on /sys/kernel/config type configfs (rw,relatime)
 binfmt_misc on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw,relatime)
 /dev/mmcblk0p7 on /boot type vfat (rw,nosuid,nodev,noatime,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,errors=remount-ro,discard)

fdisk -l

 Disk /dev/mmcblk0: 3909 MB, 3909091328 bytes
 1 heads, 16 sectors/track, 477184 cylinders
 Units = cylinders of 16 * 512 = 8192 bytes

         Device Boot      Start         End      Blocks  Id System
 /dev/mmcblk0p1               1      477185     3817472  ee EFI GPT
 Partition 1 does not end on cylinder boundary

 Disk /dev/mmcblk0boot1: 4 MB, 4194304 bytes
 4 heads, 16 sectors/track, 128 cylinders
 Units = cylinders of 64 * 512 = 32768 bytes

 Disk /dev/mmcblk0boot1 doesn't contain a valid partition table

 Disk /dev/mmcblk0boot0: 4 MB, 4194304 bytes
 4 heads, 16 sectors/track, 128 cylinders
 Units = cylinders of 64 * 512 = 32768 bytes

 Disk /dev/mmcblk0boot0 doesn't contain a valid partition table

lspci

 00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Device 1170 (rev 01)
 00:01.0 SD Host controller: Intel Corporation Device 1190 (rev 01)
 00:01.2 SD Host controller: Intel Corporation Device 1190 (rev 01)
 00:01.3 SD Host controller: Intel Corporation Device 1190 (rev 01)
 00:02.0 Display controller: Intel Corporation Device 1182 (rev 01)
 00:04.0 Serial controller: Intel Corporation Device 1191 (rev 01)
 00:04.1 Serial controller: Intel Corporation Device 1191 (rev 01)
 00:04.2 Serial controller: Intel Corporation Device 1191 (rev 01)
 00:04.3 Serial controller: Intel Corporation Device 1191 (rev 01)
 00:05.0 Serial controller: Intel Corporation Device 1192 (rev 01)
 00:06.0 System peripheral: Intel Corporation Device 1193 (rev 01)
 00:06.1 System peripheral: Intel Corporation Device 1193 (rev 01)
 00:07.0 System peripheral: Intel Corporation Device 1194 (rev 01)
 00:07.1 System peripheral: Intel Corporation Device 1194 (rev 01)
 00:07.2 System peripheral: Intel Corporation Device 1194 (rev 01)
 00:08.0 Communication controller: Intel Corporation Device 1195 (rev 01)
 00:08.1 Communication controller: Intel Corporation Device 1195 (rev 01)
 00:08.2 Communication controller: Intel Corporation Device 1195 (rev 01)
 00:08.3 Communication controller: Intel Corporation Device 1195 (rev 01)
 00:09.0 Communication controller: Intel Corporation Device 1196 (rev 01)
 00:09.1 Communication controller: Intel Corporation Device 1196 (rev 01)
 00:09.2 Communication controller: Intel Corporation Device 1196 (rev 01)
 00:0a.0 Communication controller: Intel Corporation Device 1197 (rev 01)
 00:0b.0 Encryption controller: Intel Corporation Device 1198 (rev 01)
 00:0c.0 System peripheral: Intel Corporation Device 1199 (rev 01)
 00:0d.0 Multimedia audio controller: Intel Corporation Device 119a (rev 01)
 00:0e.0 System peripheral: Intel Corporation Device 119b (rev 01)
 00:11.0 USB controller: Intel Corporation Device 119e (rev 01)
 00:12.0 Signal processing controller: Intel Corporation Device 119f (rev 01)
 00:13.0 Co-processor: Intel Corporation Device 11a0 (rev 01)
 00:14.0 Co-processor: Intel Corporation Device 11a1 (rev 01)
 00:15.0 System peripheral: Intel Corporation Device 11a2 (rev 01)
 00:16.0 Co-processor: Intel Corporation Device 11a3 (rev 01)
 00:16.1 Co-processor: Intel Corporation Device 11a4 (rev 01)
 00:17.0 System peripheral: Intel Corporation Device 11a5 (rev 01)
 00:18.0 Display controller: Intel Corporation Device 11a6 (rev 01)

lsusb

 unable to initialize libusb: -99
Tags: linux gadget

2015-05-20 [長年日記]

_ KDE 4上でInkscape 0.91が落ちる場合の対処方法

KDE上でInkscape 0.91を使っているとやたら落ちる。何か操作をして落ちるならわかるけれど、起動して画面が表示されただけで落ちる。とにかく落ちる。 というような状況に悩まされていましたが、先日、原因がKDEアプリと見た目の統一感を持たせるために利用していたQtCurve Gtk2に問題があるという事を発見。

Gtk2テーマをAdwaitaなどに変更すると確かに落ちない。Inkscapeを利用するならこれでいいけれど、テーマにKDE 5 Breezeを使っていてGtk2アプリだけ見た目が変わるのはイヤだなと思ってたら、Google+のほうでBreezeテーマのGtk2/Gtk3もあるという投稿が。

おお!これで見た目も変えずにGtk2/Gtk3アプリが使える!

_ 文鎮化したRAZR M 201Mが復活

モトローラロゴで止まっていたRAZR M 201Mですが、再度チャレンジしてfastbootを使って手動でイメージを焼いてたら、ロゴすら出ず、AP Fastbootで止まる、ますますおかしな状態になってしまいました。

原因は海外版RAZR M(XT907)と日本版RAZR M(XT902)のイメージを混ぜて焼いたせいというのは分かっていて、もうダメかと思ってましたが電源を入れて放置してたらリカバリーに落ちてCWMが起動してた! そしてダメ元でバックアップイメージをリストアしたら…復活した!!

Tags: android

_ Debian JessieからIntel EdisonにUSBケーブルからアクセスする

Linuxが使えるSDカードサイズの超小型ボードコンピュータIntel Edisonをお借りしました。 といっても人に渡すためなのですが、少し触っていいよとのことだったので触ってみたメモを書いていきます。

触る、といってもIntel Edisonは画面が出るわけでもなくターミナルからアクセスしての利用が基本です。 ググってみたところ、Intel Edisonを販売しているスイッチサイエンスさんが「Intel Edisonを手に入れたらやること(Linuxの場合)」という文書を出していました。

これに沿ってアクセスすれば大丈夫かと思いましたが、読んでてヘン。 今どきのLinuxはNetworkManagerのGUIからチョイチョイで接続できるのに、わざわざviで/etc/network/interfaces編集してる…。

GUIでできるものをターミナルとviで設定変更する必要はないし、10年前ならいざ知らず、不用意に/etc/network/interfacesを変更するとNetworkManagerの管理外になってネットワークにつながらなくなる事もあるので、これは関心できないな。 ということで、今どきのLinuxデスクトップ環境からIntel Edisonの接続方法を書いてみました。

今回使用した環境は、Debian JessieのGNOME 3ですが、KDEでもUbuntuのUnityでもそんなに変わらないと思います。

NetworkManagerを設定する

まず、Breakout BoardのUSBポート(J16)にケーブルを挿してPCと接続します。

USBストレージに見える

Intel Edisonが認識されると「EDI」という名前でUSBストレージとして見えますが、マウントせず☓ボタンで閉じておきます。

USB Ethernetが見える

右上にある電源アイコンをクリックすると、「USB Ethernet」というデバイスが見えるので「有線設定」からネットワークを設定します。(「すべての設定」からネットワークの設定に移動してもかまいません)

USB Ethernetの設定1

「USB Ethernet」をクリックし「プロファイルの追加」から設定を追加します。

USB Ethernetの設定2

「Identify」の名前に設定名(ここではedison)を入れ、MACアドレスにデバイス(usb0)を指定します。

USB Ethernetの設定3

「IPV4」にアドレスを「192.168.2.2」(192.168.2.15以外)、ネットマスクに「255.255.255.0」を設定して、「追加」ボタンを押します。

USB Ethernetの設定4

追加した設定(edison)を指定します。

USB Ethernetの設定5

これでネットワークに接続の設定は完了です。

Intel Edisonにアクセスする

ネットワークがつながれば、ターミナル(GNOME端末など)からSSHでアクセスします。 ユーザーはrootのみだそうなので、こんな感じでアクセスできます。

 $ ssh root@192.168.2.2

端末からのSSHでアクセス

ということでunameで見てみると。

 root@edison2:~# uname -a
 Linux edison2 3.10.17-poky-edison+ #1 SMP PREEMPT Fri Jan 30 14:16:35 CET 2015 i686 GNU/Linux

ほー。こんな小さいのにi686(インテルアーキテクチャ)が動いてるよ!すごい! ちなみに中で動いているのはyoctoでした。

Tags: linux gadget

_ Intel Edisonのシリアルポートからアクセスする

続き。 Intel Edisonのアクセスはネットワークデバイスだけでなく、シリアルポートもついているので、そっちを使ってのアクセスも出来ます。

上で使ったJ16のUSBポートではなく、その横のJ3のUSBポートにケーブルを挿してPCと接続します。 (J16は電源供給も兼ねているのでUSBポート2本にケーブルを挿します。)

シリアルポートのアクセスに利用するソフトは、screenやcu、minicomなど、なんでもいいのですが自分はcuを使いました。入ってない場合はaptでインストールしてください。

 $ sudo apt install cu

アクセス方法は、ボーレートは115200、デバイスは/dev/ttyUSB0を指定してあげればOK。

 $ cu -s 115200 -l /dev/ttyUSB0

dialoutグループに所属していなとアクセスできないので、idと入力して見当たらなければ、gpasswdでdialoutグループに参加、ログインしなおしてください。

 $ id
 uid=1000(jun) gid=1000(jun) groups=1000(jun),5(tty),6(disk),20(dialout),24(cdrom),25(floppy),27(sudo),29(audio),30(dip),44(video),46(plugdev),103(fuse),105(scanner),110(bluetooth),112(netdev),118(pulse-access),119(rtkit),122(vboxusers)

 $ sudo gpasswd -a (ユーザー) dialout ← いない場合は追加

で、ちなみにcuでのアクセスを終了するときは「~.」です。(よく忘れる)

Tags: linux gadget

2015-05-16 [長年日記]

_ メインマシンから音が出なくなる

いつもどおり起動して使っていたら何かヘン。音が出ない。 sidのカーネルが4.0.0にアップデートしたせいかな?と思っていたけど、どうやらそうでもないようで、原因を探ってみたら音声出力のジャックがイカれた様子。

とりあえずサウンドカードがあったので、オンボードのサウンドを殺してそれを挿したけど、なんでこういう壊れ方したのだろう?

Tags: life

_ ゴールデンウィークの事を今ごろ書く

ゴールデンウィークは、いろいろ遊んだので書いておきたいなと思いつつ10日経ってしまいました。

Tags: life

2015-05-12 [長年日記]

_ 「ダバング大胆不敵」を見たよ

ゴールデンウィークにあったGoogle Playの1本プレゼントで購入だけしておいたものを見ました。 一言でいうと悪党が大悪党をやっつけるピカレスクロマンのアクションインド映画です。

面白かったけれど、香港アクション映画の影響が大きいようで、インド映画だけれど香港映画のようでもありました。 お約束のダンスは要所であって、これも良かったですね。ということで、最初のほうにあるHudd Hudd Dabanggをどうぞ。

Tags: movie

2015-05-05 [長年日記]

_ 「Facebookで大逆転」見たよ

Google Playがゴールデンウィークに1本無料で見れますキャンペーンで、「Facebookで大逆転」を見た。

基本的にバカ映画で面白かったけれど、SNSでこういうクソ野郎いるよねーという点ではよくできているなと思いましたよ。ただ、10年後にこれを見て理解できるかというとバックグラウンドは理解できないとは思うけれど。

ビデオで見るにはちょうどいい感じの作品でした。

Tags: movie

2015-05-04 [長年日記]

_ 映画「パレードへようこそ」(Pride)がめちゃめちゃ良かった

パレードへようこそのポスター

DM3とPaul Chastain(Velvet Crush)のライブの前に「パレードへようこそ」を見てきた。

イギリスでサッチャー政権の時代、炭鉱閉鎖に抵抗してストライキが起こったけれど、ストライキをしている炭鉱労働者は政府にとって敵であり、自分たちの仲間だ!と炭鉱労働者を支援をしたゲイ・レズビアンと炭鉱の村のお話し。

事実を元に調べて作られたそうだけど支援をする側、される側にともに接点がなく、今以上にゲイ・レズビアンに偏見がある時代に、こういう話があったのは知らなかったし政府の圧力のかけ方がえげつなかったという話はポール・ウェラーやモリッシーの話しを通じて聞いていたけれど、ここまでひどかったとはね。

で、最後。炭鉱ストがどうなったのかは調べればわかるのだけど、ああ、そういう風に持ってきたかという流れで、とても良かったですね。

あと、ちゃんと見ておいて欲しいのが最後の方の淡々としたシーンで「え!」と思うようなシーンがあるので見逃さないように。

いい映画だったので、みんな見るとよいです。

Tags: movie

_ DM3とPaul Chastain(Velvet Crush)のライブに行った

Paul Chastain

DM3のほうは知らなかったけれど、Velvet CrushのTeenage Symphonies to Godは好きなアルバムで、数えきれないぐらい聞いていたので楽しみにしてました。

いやー。Paul Chastain良かった。アコースティックセットだったので少し物足りなかったけれど、やっぱりアルバムと同じ声を聞くと良かった。

DM3のほうは悪くなかったけれど見ているヤツらがね…。もうムカついてキレそうになったけど、前にいた人が実際にキレて、ちょっと殴ってたのを見て思いとどまったけれど、そういうこともあってノリきれなかったです。

最後、アンコールでDM3とPaul ChastainがBad fingerのNo Matter WhatとEdison LighthouseのLove Growsをやったので、それは満足したし、彼女は見えてなかったので楽しんでいたのは救いだったけれど。

Tags: music

2015-05-03 [長年日記]

_ うろうろ

明石の方をうろうろ。

Tags: life

2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|