トップ «前の日記(2019-04-04) 最新 次の日記(2019-08-29)» 編集

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2019-08-18

_ 32ビットUEFIでClonezillaを起動させる

Lenovo Miix 2 8という古いタブレットをもらいました。遊ぶ前にバックアップを取ろうとClonezillaを起動したらGrubのシェルに落ちてしまうので、32ビットUEFIでもちゃんと起動するようにしたメモです。

32ビットUEFIでも起動するClonezillaの作り方

まず、ClonezillaのZipファイルをUSBメモリ上に展開します。USBメモリはFAT32のままでOKです。Zipを別の場所で展開してファイルをコピーする場合は、.diskというドットフォルダもあるので気をつけてコピーしてください。

次にDebian InstallerのISOから、grubia32.efiとgrub.cfgのファイルをコピーします。コピーをするためにはISOイメージをどこかにマウントする必要がありますが、今どきならファイラーの拡張機能とかfuseisoとか使って適当な場所にマウントしてください。 grubia32.efiとgrub.cfgは、ISOイメージ内の以下のフォルダにあります。

  • (ISO)/EFI/boot/grubia32.efi
  • (ISO)/EFI/debian/grub.cfg

取り出したgrubia32.efiとgrub.cfgを、Clonezilla USBメモリ内のEFI/boot/フォルダにコピーします。

  • (Clonezilla USB)/EFI/boot/

2つのファイルは特に変更することなく、そのままClonezillaのUSBメモリにコピーするだけでOKです。

これで、32ビットUEFIでも起動するClonezillaができました。それにしても、これをClonezillaにお知らせしたいけど、どこからお知らせしたらいいのだろう。

Lenovo Miix 2 8メモ

BIOSの入り方。音量ボタンのアップを押しながら電源を入れる。

Tags: linux debian

2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|11|12|
2018|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2019|01|03|04|08|09|10|11|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。