トップ «前の日記(2013-12-01) 最新 次の日記(2013-12-16)» 編集

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2013-12-15

_ いきてま

最近、ホント忙しくて。

Tags: life

_ 第5回関西LibreOffice勉強会で「Flat ODF+Redmine Git(Gitolite, SparkleShare) で文書共有システムを作ってみた」って発表してきた

第5回関西LibreOffice勉強会で「Flat ODF+Redmine Git(Gitolite, SparkleShare) で文書共有システムを作ってみた」というタイトルで発表してきました。

OSC福岡に行った時、CmisSyncSparkleShareのフォークという話とLibreOfficeのFlat ODFを使うとODFで差分が取れるという話しをヒントにRedmine, Gitolite, SparkleShareを組み合わせてオフィス文書管理システムを作ったら、いい感じに出来たので、それについてお話しをしてきました。

会場からの質問で、手動でやってるユーザー管理をLDAPなど連携させて管理や、文書のDiffが行単位になってるけれど文字単位のDiffがあるので置き換えたら?とか話しが出たので、次はそれにチャレンジしたいと思います。

Flat ODFについてはSUSEの人の資料がわかりやすいので、これを見ると利点が一発でわかります。

具体的な構築については、LibreOffice Advent Calendar 2013の17日に公開予定なので、しばらくお待ちください。結構簡単にできるので年末年始のお休みにどうぞ。

感想

自分の発表も含めてだけど濃かった。

Calcのピボットデータで分析とかWindowsでLibreOfficeのビルドとか、すげーと思う話ばかりでかなり面白かったです。 ピボットデータ分析は、Advent Calendarなのにすでに公開されてるので試してみてください。お手軽すぎて鼻血出ます。

_ 21日に姫路IT系勉強会、22日にOpenStreetMapマッピングパーティ in 姫路城 2013/12があります

告知とか全然できてないですが、姫路の勉強会も2本ありまーす。

姫路IT系勉強会は今年の振り返りとビアバッシュという名のLT大会、OSMマッピングパーティは前回ちょっと駆け足だった入力についてを中心にやります。

おヒマなら遊びに来てね。

Tags: histudy

_ SteamOSのベースがDebianだった

SteamのLinux版がUbuntuをターゲット開発されていたのでUbuntuベースだろうと思っていたらWheezyベースで開発されたのでびっくりした。

インストールする時間がないのでざっと情報を見たところは、素のGNOME 3デスクトップにプロプラのドライバとSteamクライアントをぶち込んだだけのように見えるけど、コンポジットマネージャにxcompmgrを使ってたり謎な部分が多いのでインストールして確認してみたいなぁ。

ちなみにnon-freeですがリポジトリにSteamクライアントがあったりします。


2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|11|12|
2018|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2019|01|03|04|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継 承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。