LibreOffice Calcの作業効率をアップする便利ワザ11選

Posted by nogajun - 2016/12/20

_

これはLibreOffice Advent Calendar 2016の記事です。

LibreOffice Calcを使っているといろいろネタがありますが、記事にするには短い小ネタがあるので、それをまとめてみました。

行を切り取り、移動して挿入する

Calcで、Excelでいう「行を切り取って移動」をするには以下のようにします。

  1. 行を選択
  2. 選択範囲をAltキーを押しながらドラッグする

参考

特定の文字で列に分割する

メールアドレスのドメイン部分を分割するといった、特定の文字でセルを列に分割するには以下のようにします。

  1. 分割したいセルを選択し、メニュー「データ」→「テキストから列へ」を開く
  2. 「区切りのオプション」に「その他」と区切りとなる文字を指定する

数値の先頭に付いたシングルクォーテーションを削除する

先頭にシングルクォーテーションが付いて文字列と認識されている数値を戻すには、上の「特定の文字で列に分割する」を使って、「区切りのオプション」の区切り文字に「'」(シングルクォーテーション)を指定すると数値に戻せます。

式やデータを一瞬でコピーする

アクティブセルの右下にあるオートフィルハンドルをダブルクリックすると、データのあるセル範囲の一番下まで数式やデータをコピーできます。

データのあるセル行列の端まで素早く移動する

Ctrlキーを押しながらカーソルキーを押すと、データが存在するセルの端まで移動できます。 Ctrlキーと一緒にShiftキーも押しながらカーソルキーを押すと、大量にデータがあるセルも一瞬で選択できます。

重複行を非表示にする

行に重複したデータがあって見にくい場合、以下のようにすると非表示にできます。

  1. 重複したデータを含む行を選択
  2. メニュー「データ」→「フィルタ」→「標準フィルタ」を開く
  3. 標準フィルターダイアログの「オプション」をクリックし、「重複を無視する」にチェックを入れる。

odsファイルの検索(grep)や差分(diff)を取る

odsファイルに含まれる文字列の検索(grep)やファイルを比較(diff)するには、オープンソースの表計算ソフトGnumericに付属するssdiffとssgrepコマンドを使うとできます。

GnumericはLinuxディストリビューションならどれでも用意されているともいますが、WindowsはPortable Appsが配布しているポータブル版を使うのが良いみたいです。

行や列をタイトルにして印刷する

いわゆるExcelの「印刷タイトル」のような、特定の行や列をタイトルにするには以下のようにします。

  1. メニュー「書式」→「印刷範囲」→「編集」を開く
  2. 「繰り返す行」に見出しにする行や列を指定する

特定のシートのみPDFにエクスポート

特定のシートのみをPDFとして出力するには以下のようにします。

  1. 印刷したいシートのセルを選択
  2. メニュー「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」を開き、「範囲」に「選択」を選ぶ

円グラフを時計回りに描画する

円グラフを描くと反時計回りに描画されますが、時計回りに描画するには以下のようにします。

  1. 円グラフをダブルクリックして、グラフの編集に入る
  2. グラフをクリックし、データ系列の書式(コンテキストメニューの「データ系列の書式」など)を開く
  3. オプションタブにある、「時計回りの方向」のチェックボックスにチェックを入れる

複合グラフを作成する

棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた「複合グラフ」を作成するには、グラフウィザードで「縦棒と折れ線」を選択します。

ゼロの数字が入ったセルを印刷しない

ページスタイルのDefault(メニュー「書式」→「ページ」)の「シート」タブにある、「ゼロ値」のチェックを外す。