あなたの知らない最近のLinuxデスクトップ環境4選

Posted by nogajun - 2015/12/11

_

この記事はLinux Desktop Advent Calendar 2015の11日めの記事です。

Linux Desktop Advent Calendar 2015を見ていて、最近作られたLinuxデスクトップ環境が紹介されていないのでサラっとまとめました。 Gif動画は「Linuxデスクトップ環境を Gifに記録する - Qiita」で紹介されていたbyzanz-windowを使ってみました。

Budgie

Budgie Desktop

Budgieは、Solusのために開発されたGtk3を利用した独自デスクトップ環境。シンプルな感じで雰囲気的にはGtk3のLXDEみたいな感じ。

Manokwari

Manokwari Desktop

Manokwariは、インドネシアのBlank OnというLinuxディストリビューションで使われているGnome 3ベースのデスクトップ環境。 左上のメニューをクリックするとスマホのメニューのように左側からサイドメニューが出てきます。そして上部はタスクバーになっています。

Moksha Desktop

Moksha Desktop

Mokshaは、Enlightenmentの以前のバージョンE17からフォークしたデスクトップ環境。 Bodhi Linuxで利用されていて、Enlightenment独特の雰囲気からWindowsのような雰囲気に変わっています。まだ、E17から完全にフォークにはなっておらず、設定やテーマ以外は同じのようです。

Deepin Desktop Environment(DDE)

Deepin Desktop1

ソースがどこで公開されているか、わからなかったのでArch関係でお茶を濁します。 (2015/12/16追記: githubで公開されていました)

Deepin Desktop Environment(DDE)は、中国のLinuxディストリビューションDeepinのために開発されたGtk3ベースの独自デスクトップ環境。Macっぽい画面ですが、デスクトップモードを切り替えるとWindowsっぽいモードにもなります。 この中では一番洗練されている感じ。

_ 30秒未満のすごく短いループ動画のファイル形式は何が適しているのだろう

紹介のためにbyzanzでGif動画を作って思ったけれど、Gif動画としてはクオリティ高いけれど、動画としてみると色が破綻していることは不満。

こういう動画を作って公開したい場合は、どういう形式を使えばいいのだろう。 HTML 5のvideoタグやAPNGは一長一短があって、最低ラインで見るとどこに合わせたらいいのかわかんない。