8/16「オープンテック・ショーケース・ヒメジ」開催まで一週間切りました

Posted by nogajun - 2014/08/11

_

不安でたまりませんががんばります。

_ FMV-STYLISTIC Q550/Cをpartcloneでバックアップ

準備しながらバックアップで四苦八苦してました。

最初、Clonezillaでネットワークのファイルシステムをマウントしてバックアップと考えていたけど、無線LANのralinkファームウェアがnon-freeということで入ってなくネットワークに接続できずに断念。

次に32GBのSDカードがあったので、それにバックアップ取ろうとスロットに挿してみたけどSDスロット認識せず。 次にUSB-HDDを引っ張り出してつないでみたけど、USBコネクタが1つしかなくハブをかましているので電源容量が足りないのか、認識どころかスピンアップもせず。

結局、Debian Live(non-free版)を起動してバックアップを取ることにしたけれど、cifs(samba)やsshfsでマウントして転送しようとするとQ550が途中で耐え切れなくなって無線を切ってしまう! 困ったなということで、NFSでマウントして転送することにしました。

母艦

こんな感じにNFSサーバーを立ち上げておきます。

 $ sudo apt-get install nfs-kernel-server
 $ sudo vi /etc/exports

で、こんな風に書いておいて

 /srv/q550backup   192.168.0.0/24(rw,no_root_squash)

 $ sudo service nfs-kernel-server restart

これで準備OK

Q550側

Q550側は特にすることもなくサクッとNFSでネットワーク越しにマウント。 どこにマウントしてもいいのですが楽したいので/mntにマウントしました。

 # mount -t nfs 192.168.xx.xx:/srv/q550backup /mnt

partcloneはリポジトリにあるのでaptでインストール

 # apt-get update
 # apt-get install partclone

ddでMBRをバックアップして

 # dd if=/dev/sda of=/mnt/q550-boot.img bs=512 count=1

GPTじゃないのでsfdiskでパーティションテーブルをダンプして

 # sfdisk -d /dev/sda > /mnt/q550-table.txt

こんな感じにして軽く圧縮してsplitで2GBに分割しながら、各パーティションをpartcloneでイメージ化。

 # partclone.ntfs -N -c -s /dev/sda(パーティション) -o - | gzip -1 - | split -s 2G - /mnt/sda(パーティション).img.gz.

ちなみに書き戻すときは、こんな感じ。

 # cat sda(パーティション).img.gz.* | gunzip -c | partclone.restore -d -s - -o /dev/sda(パーティション)

_ FMV-STYLISTIC Q550/CでAndroid-x86 4.4-r1(KitKat-x86)が使えるよ

USBメモリからブートして少し触っただけですが、YouTubeにHoneyCombの動画があるから使えるだろうなと思ったら普通に使えました。

カメラとビデオハードウェアアクセラレーションが使えないけど、それ以外は、なかなかいい感じに使えるので誰か頑張ってハックしたら、それなりに使えるんじゃないですかね。