LibreOfficeからGoogle Driveにアクセスして文書を利用…できませんでした(おあずけ)

Posted by nogajun - 2014/05/13

_

DebianからGoogle Driveにアクセスする方法を探してたら、LibreOffice 4.2からGoogle Driveを参照して文書が開けるとのこと。

ということをTwitterでつぶやいたら、いくやさんからこんな情報をいただきました。

となると確認せねばと思ったので試してみました。

手順

  1. LibreOfficeメニュー[ツール]-[オプション]からオプション画面を開いて、全般の「開く」ダイアログと「保存」ダイアログ」の「LibreOfficeダイアログを使用する」にチェックを入れる。
  2. ツールバー[ファイル]-[開く]を選んで、ファイルダイアログを開く。
  3. 右上にある[サーバーに接続]ボタンを押して、サーバーを登録する。
    • 名前: 任意の名前
    • 種類: CMIS
    • サーバーの種類: (選択しない)
    • バインドするURL: https://www.googleapis.com/drive/v2
    • パス: (入力しない)
    • ログイン: Googleアカウントを入力
  4. 「場所」にGoogle Driveが登録されるのでクリックすると…

「一般的なI/Oエラー」が… orz

調べてみると、やはりいくやさんの情報通り、Windowsでは使えるけれどLinux(とMac)では動かないようです。 最初、Debianパッケージ版を使っていたのでTDFビルドも試してみたけれど同じ結果だったので、まだしばらく使えないようです。

WindowsのLibreOfficeで試すと、Google Driveのファイル一覧が表示されて、編集、保存ができるので使えるようになればいいなぁ。

2015/10/7 追記

によるとビルドオプションの--with-gdrive-client-id--with-gdrive-client-secret が有効になっていないそうで、利用するには有効にしてビルドするしかないそうです。

### [_](/20140513/#p02 "Debianにも行動規範\(Code of Conduct\)ができた") Debianにも行動規範(Code of Conduct)ができた * Debian Project News - May 12th, 2014: * Debian Code of Conduct: Debian Devel MLなんか見てると酷いメールでたびたび炎上していたりしますが、なんとかしなきゃねーということでDebianでも行動規範ができました。ということでDebian Project Newsにまとめが出てたので紹介。