Debian WheezyでOpenSpendingを動かす

Posted by nogajun - 2014/04/11

_

税金はどこへ行った? - WHERE DOES MY MONEY GO? -」という自分の払った税金がどのカテゴリにどの割合で使われているか可視化するプロジェクトがあって、その可視化に使われているOpenSpendingというのがあります。 これをDebianで動かしてみたのでメモ。

日本語で動かす手順をまとめられてるので参考にしたけれど、Debianだと簡略化できるのでいじくりやすいと思います。

注意としては、これは動かすだけなので横浜のリポジトリをそのままクローンしてますが、本格的に作業をする場合は手順のようにフォークしてから自分のリポジトリからクローンするようにしてください。

$ sudo apt-get install git jekyll bundler rake

$ git clone https://github.com/orezeni/orezeni.github.com.git
$ cd orezeni.github.com/
$ git rm CNAME
$ git commit -m "remove CNAME"
$ rake preview

ローカルで動かしている場合は、 http://localhost:4000/ 、VagrantでVagrantfileの _config.vm.network "privatenetwork" のコメントを外して使ってたら http://192.168.33.10:4000/ にアクセスしたらサイトが見れるはず。

_ Debian Wheezyで5374.jpを動かす

オープンデータなアプリの続きで各地区のゴミ収集日がわかる5374.jpも入れてみた。

OpenSpendingもそうだけど「動かす」といっても、クライアントサイドで動くから、別に普通にブラウザで見ればいいのだけどWebサーバーあるし、ここはあえてってことで。

基本的には、やることもなく、git cloneしてブラウザで見えるところに置いてあげればOK。

$ git clone https://github.com/codeforkanazawa-org/5374.git

$ sudo echo "alias /5374 /home/vagrant/5374" > /etc/apache/conf.d/5374jp
$ service apache2 restart