ノートブックの箱の高さがちょうどよい

Posted by nogajun - 2009/02/09

_

サーバーとかデスクトップの置いてある場所が窓際で少し寒いので、ストーブの前にノートを持ってきて作業をしてるけど、地べたに置くと少ししんどい。 なにかちょうどいい高さになるような台はないものかと探したら、ノートの箱が絶妙な高さでなかなか良い。

ということでノートの箱が冬場限定作業台になりますた。

_ 起業するために必要な物とは

おとといの話だけど、姫路市が開いてる起業セミナーに行ってきた。

全三回の最初ということで、現在、会社を経営している人に体験談を聞くという、ありがちなプログラムだったのだけれど、これがなんというかすごかった。

いや、話し自体は普通だった。話が終わる少し手前までは。

会社を起こす前に修行に行った話や、会社を起こしてからは背伸びした戦略より身の丈似合った戦略、ダメそうな事業は見極め早く、ダメなら早く撤退、また新たな事業を起こすスクラップアンドビルドを恐れない、自分がいないと回らない組織ではなく、いなくても回せる組織を早く作るとか、今までしてきたことなので話自体に実感がこもっていて、こう言っては何だけどおもしろかった。

が、話が終わる直前、これからの事業展開になると今まで静かに力強く語っていた口調が、浮ついた口調になったかと思うと開口一番こう切り出した。

「みなさんは知らないかもしれませんが、これからは、インターネットの仮想空間が流行るんですよ! アメリカではいろんな企業が参入して…」

/\__/ヽ ヽ
/ ::::::::::::::::\ つ
. | ,,-‐‐ ‐‐-、 .:::| わ
| 、
(o),: (o)_, :::|ぁぁ
. | ::< .::|あぁ
\ /( [三] )ヽ ::/ああ
/`ー‐--‐‐—´\ぁあ

ここからはオッサンのターン。しゃべるしゃべる。

ということで、起業には恐れを知らないチャレンジ精神が必要だということがよくわかりました。

_ 合わせて買いたい「セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ!!』」と…

amazonさんからのメール

童謡・唱歌の「コロムビア ぴかぴかキッズ どうようでなかよし♪ 〜みんなでうたおう〜」

あーいあまー、あんちくらすとー♪

て、ちょっとマテ。なぜにピストルズと童謡なのだ!?

コロムビアとピストルズといえば、昔、日本にヴァージンがなくてコロムビアから出ていたからと深読みしても、童謡との関連性はないぞ。

どういうアルゴリズムで出したのだろう。謎杉。