トップ «前の日記(2018-11-30) 最新 次の日記(2018-12-07)» 編集

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2018-12-04

_ LibreOfficeのちょっとよくわからない機能

これは「LibreOffice Advent Calendar 2018」4日目の記事です。

小ネタです。 LibreOfficeには「なんでこんな機能があるの?」と思う機能がたまにあります。その一つがDrawやImpressで平面図形を立体化する「立体」(3D)と「浮き出し」(Extrusion)です。

「立体」は、図形を変換して立体化する機能です。メニュー[シェイプ]→[変換]→[立体に変換]かコンテキストメニューから使えます。一方の「浮き出し」は、図形を押し出して立体化する機能です。図形描画ツールバーにある「浮き出しの切り替え」ボタンを押すと利用できます。

図形に両者を適用した結果がこれです。

立体と浮き出し

一緒やん!

大きな違いとしては「立体」は変換をするので元の図形に戻せません。「浮き出し」は「浮き出しの切り替え」ボタンを押すと元の平面の図形に戻せます。 細かい違いとしては「立体」はレイトレーシングで光源処理が違う、写真などのビットマップを立体化してパースが付けられるなど。「浮き出し」は3D設定ツールバーにあるボタンからしか回転できないなどがあります。

しかし、図形につける視覚効果としては、ほぼ一緒。立体物として回転させることや厚みの変更、色の変更もできるし別々になっている意味がわからない…。なんで、これを別機能として実装したのだろう?


2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|11|12|
2018|01|02|03|04|07|09|10|11|12|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。