トップ 最新 追記

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2021-07-03

_ ブードゥーラウンジ読了

‎4904292928

借りていたブードゥーラウンジをちょっとめくっていたら最後まで読み切ってしまった。

マッシュルームもおかしなところだったけど、福岡のブードゥーラウンジもおかしな場所だったんだな。いろいろ昔のことを思い出してしまった。

Tags: book

2021-07-09

_ Linuxからでも使えるChromeアプリ版Zoomのリンク

ZoomがChromebook用にPWA版クライアントを出したという記事があったのでLinuxでも使ってみようと思ったけれどPlayストアからしかダウンロードできませんでした。

「以前、ChromebookでZoom使ったときChromeウェブストアにあったような…」と思ってChromeウェブストアを検索しても出てこない。しかし、Chromeには同期されたChromeアプリがDebianでも使える。謎。

ということで調べたところPC版からは検索できないようです。ということでリンクを貼っておきます。Chrome/Chromiumで下のリンクにアクセスしてインストールしてください。



2021-07-13

_ コロナワクチンを打って1日経過

とりあえず、副反応としては「注射した左腕が痛くて上がらない」「超絶ダルい」の2つが出てます。 それ以外は重篤な副反応もなく、まあ、こんなものかという感じ。

ダルさは風邪のときのような、ぼーっとなって体を動かすのがダルいという感じだったので一日中ゴロゴロしていました。

Tags: life

2021-07-14

_ LibreOfficeソースコードのめっちゃデカいgitリポジトリーを素早くcloneする

MicrosoftがVisual StudioとWindowsをまとめた仮想マシン環境を配布しているので、WindowsのLibreOfficeビルド環境を作るかと思いたちましたが、そうなるとLibreOfficeのソースコードのクローンがネックになります。

これが、ただでさえLibreOfficeのソースコードは大きいのにサーバーがヨーロッパにあるので、めちゃくちゃ遅いんです。

すぐにクローンしたいと思っていたところ、はてブでこういう記事を見かけたので、本家リポジトリgithubミラーリポジトリでShallow cloneをテストしてみました。

githubミラーからShallow clone

 $ time git clone --depth=1 --recurse-submodules --shallow-submodules https://github.com/LibreOffice/core.git libreoffice

 real    2m7.696s
 user    0m42.650s
 sys     0m14.157s

 リポジトリディレクトリの容量: 4.3GB

githubミラーから通常のclone

 $ time git clone --recursive https://github.com/LibreOffice/core.git libreoffice

 real    34m17.352s
 user    23m43.628s
 sys     4m1.706s

 リポジトリディレクトリの容量: 17GB

本家リポジトリからShallow clone

 $ time git clone --depth=1 --recurse-submodules --shallow-submodules https://gerrit.libreoffice.org/core ibreoffice

 real    197m18.565s
 user    1m1.224s
 sys     0m25.004s

 リポジトリディレクトリの容量: 4.3GB

結果を受けて

本家リポジトリからShallow cloneは3時間半なので論外ですね。 逆にgithubミラーからのShallow cloneは2分という驚異的な速さなので、CIやすぐにビルドしたい人にはgithubからShallow cloneするのが良さそう。初めてcloneする場合もgithubからクローンすると30分ほどでcloneできるので、こっちを使うのがいいかも。

githubからcloneして本家に追従するには

githubからcloneした場合、originがgithubになります。githubを使って最初だけcloneして日々の更新は本家から差分をpull/fetchするには、originを変更するかremoteを追加してpull/fetchするようにする必要があります。

こんな感じにoriginじゃなく-o githubとオプションをつけてgithubの名前でcloneして、git remote addで本家をoriginで追加します。

 $ git clone --recursive -o github https://github.com/LibreOffice/core.git libreoffice
 $ cd libreoffice
 $ git remote add origin https://git.libreoffice.org/core

LibreOfficeのリポジトリには、submoduleでdictionaries、help、translationsもあるので、git remoteで、それぞれ変更します。

 $ cd dictionaries
 $ git remote set-url origin https://git.libreoffice.org/dictionaries
 $ cd ../helpcontents/
 $ git remote set-url origin https://git.libreoffice.org/help
 $ cd ../translations/
 $ git remote set-url origin https://git.libreoffice.org/translations

これで、本家を追うことができます。

githubからshallow cloneしたけど解除したいと思ったらunshallow(下のコマンド)してから上に書いたリモートの付け替えをすればOK。

$ git fetch --unshallow

2021-07-30

_ 50歳になりました

50歳かー。

この日記、つけ始めたのが20年前ですよ。今、教えている学生が生まれる前か。

もう、20年経てば十分だと思うので、この日記を止めてしまおうと今、思っています。クソなtDiaryを使うのも辛いしね。

閉める日が決まればお知らせします。

Tags: life

2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|11|12|
2018|01|02|03|04|07|09|10|11|12|
2019|01|03|04|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継 承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。