トップ 最新 追記

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2018-12-04

_ LibreOfficeのちょっとよくわからない機能

これは「LibreOffice Advent Calendar 2018」4日目の記事です。

小ネタです。 LibreOfficeには「なんでこんな機能があるの?」と思う機能がたまにあります。その一つがDrawやImpressで平面図形を立体化する「立体」(3D)と「浮き出し」(Extrusion)です。

「立体」は、図形を変換して立体化する機能です。メニュー[シェイプ]→[変換]→[立体に変換]かコンテキストメニューから使えます。一方の「浮き出し」は、図形を押し出して立体化する機能です。図形描画ツールバーにある「浮き出しの切り替え」ボタンを押すと利用できます。

図形に両者を適用した結果がこれです。

立体と浮き出し

一緒やん!

大きな違いとしては「立体」は変換をするので元の図形に戻せません。「浮き出し」は「浮き出しの切り替え」ボタンを押すと元の平面の図形に戻せます。 細かい違いとしては「立体」はレイトレーシングで光源処理が違う、写真などのビットマップを立体化してパースが付けられるなど。「浮き出し」は3D設定ツールバーにあるボタンからしか回転できないなどがあります。

しかし、図形につける視覚効果としては、ほぼ一緒。立体物として回転させることや厚みの変更、色の変更もできるし別々になっている意味がわからない…。なんで、これを別機能として実装したのだろう?


2018-12-07

_ スクリーンショットツール「Shutter」をAppImage化してみた

今年の4月ぐらいにスクリーンショットツール「Shutter」の代わりがない問題と書きましたが、Perlの更新とともにDebianのリポジトリから見事に消されました。 どうしようかと思いつつ代わりのツールを試したのですが、しっくりこないのでStretchにあるShutterパッケージをAppImage化して、もう少しだけ延命を図ることにしました。

AppImageの実行ファイルは置かないので、各自自分で作ってください。

参考

これ以外に参考になる文書は無いと思います。

AppImageファイルの作り方

AppImageのレシピがあるAppImagesリポジトリをクローンして中に入ります。

 $ git clone https://github.com/AppImage/AppImages.git appimages
 $ cd appimages/

以下のレシピをshutter.ymlなど適当な名前で保存して、recipes/ディレクトリ以下に保存します。gistにも同じものを置いてます。

 app: shutter
 binpatch: true

 ingredients:
   dist: stretch
   packages:
     - libxml-sax-expat-perl
     - libimage-exiftool-perl
     - libnet-dbus-glib-perl
     - libgoo-canvas-perl
     - libgtk2-appindicator-perl
   sources:
     - deb http://deb.debian.org/debian/ stretch main
   pretend:
     - libdbus-1-3 1.10.26-0+deb9u1
     - libgtk2.0-0 2.24.31-2

debパッケージをAppImageに変換するシェルスクリプトpkg2appimageを実行して、パッケージをAppImage化します。

 $ ./pkg2appimage recipes/shutter.yml 2>&1 | tee shutter.log

しばらく待つとout/ディレクトリ以下にイメージが出来上がっているので実行します。

 $ ./out/Shutter-0.93.1.glibc2.17-x86_64.AppImage

まとめとか

実を言うと、そのままレシピを書いて作れるかと思いAppImage化に手を付けましたが、パッケージの依存関係が解決できずに止まってしまうので放置してました。

ある日、気になってドキュメントを読むと、pretendのところに「正確なバージョンが無いとパッケージのインストールが拒否されることがあります。それを回避するにはpretendにバージョン番号を指定します。」と書いてありました。

なんの事かと調べたら、AppImage化に不要なライブラリパッケージを除外するために存在しないバージョン番号を指定しているようで、これにひっかかると依存関係が芋づる式に解決できなくなってパッケージがインストールできなくなる、という事のようでした。

原因を探っているとき、パッケージのワークディレクトリにexcludedeblistというファイルがあったので改めて見ると引っかかったであろうdbusとgtk2のライブラリがあったのでpretendに指定してビルドすると…。

できた!

ということでAppImageパッケージができましたが、正直なところ、まだよくわかってないです。

パッケージのクオリティを上げたところで、この先、Shutterが使えなくなる事は目に見えているので一応使えればいいかということでメモを公開しました。

_ Shutterの代わりにKsnipがいいところまで来ているけど、まだもう少しな感じ

そう。いい感じなんだけど画像をためて編集ができないのが、ちょっとつらい。


2018-12-11

_ LibreOffice Writerで脚注にカッコをつけたい

これは「LibreOffice Advent Calendar 2018」の11日目の記事です。

Twitterで「LibreOffice」で検索していると、こんなツイートを発見しました。

これは理不尽だし怒る気持ちもわかるので、LibreOffice Writerで脚注にカッコをつける方法をまとめました。

脚注番号にカッコをつける

脚注につけるカッコにはいろいろありますが、ツイートされていた「(番号)」という形の丸カッコをつけた脚注を作ります。

まず、カッコの前に脚注のつけ方ですが、脚注はメニュー[挿入]→[脚注と文末脚注]から[脚注]または[文末脚注]で挿入できます。 問題は、この脚注にどうカッコをつけるかですが、これは簡単です。 メニュー[ツール]→[脚注と文末脚注]に脚注の設定があるので、そこに設定をすればカッコがつけられます。

脚注の設定からカッコを追加

具体的には「脚注と文末脚注」設定画面にある「自動番号付け」の「前」と「後」にカッコを入れれば脚注にカッコがつきます。

脚注にカッコがついた

脚注の書式について

「脚注と文末脚注」設定画面にありますが、脚注のそれぞれの部分にはスタイルが割り当てられているので、書式を変更するにはスタイルの書式を変更します。各部分のスタイルは以下のようになります。

  • 脚注: 段落スタイル「脚注」
  • 脚注番号: 文字スタイル「脚注番号」
  • 脚注参照番号: 文字スタイル「脚注参照番号」

脚注の文は段落スタイルですが、番号は文字スタイルなので気をつけてください。

脚注参照番号にカッコをつける

さて、脚注にカッコがつきましたが、本文には脚注を参照する脚注参照番号があります。脚注参照番号は番号のままなので、こちらにもカッコをつけます。

Alt. Search拡張機能をインストール

脚注参照番号にカッコをつける方法ですが、手でつけていくのは大変なので検索で選択して一括でつけます。 しかし、通常の「検索と置換」では選択できません。 では、どうするかというとAltSearchという高機能な検索ができる拡張機能を使って脚注参照番号を検索、選択してつけていきます。

拡張機能のインストール方法は、上のページか、このリンクからAltSearch.oxtをダウンロードします。

メニュー[ツール]→[拡張機能マネージャー]を開き、「追加」ボタンをクリックしてダウンロードしたAltSearch.oxtを指定すればインストール完了です。

拡張機能マネージャー

「閉じる」ボタンを押すとLibreOfficeを再起動するか尋ねられるので、ファイルを保存した後にLibreOfficeを再起動すればAlt.Searchは使えるようになります。

Alt.Searchを使った脚注参照番号の選択とカッコの追加

では、カッコをつけていきましょう。カッコの付け方は以下の手順のようになります。

  1. メニュー[編集]→[Alt. Find & Replace]を選択して、Alt.Search画面を開く
  2. 「Search for」にExtendedメニューからFootnoteを選んで「[::Footnote::]」と入力
  3. 「Replace」に「(\0)」と入力する
  4. 「Replace All」ボタンを押して置換する

脚注参照番号にカッコをつける

これで置換できましたが番号とカッコのサイズが違うので、カッコに脚注参照番号スタイルを適用してサイズを揃えます。

  1. メニュー[編集]→[Alt. Find & Replace]を選択して、Alt.Search画面を開く
  2. 「Search for」に「\(.\)」と入力する。(丸カッコは「\」(バックスラッシュ)でエスケープする必要があります)
  3. 「Replace」に「\C{脚注参照番号}」と入力する。(文字スタイル「脚注参照番号」を適用する)
  4. 「Replace All」ボタンを押して、文字スタイル「脚注参照番号」を適用する

脚注参照番号にスタイル適用

これで脚注と脚注参照番号両方にカッコがつきました。

完成

最後に

脚注にカッコをつけるのは簡単にできるので、卒論を書いている方(じゃなくても)もカッコつけてください。


2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|11|12|
2018|01|02|03|04|07|09|10|11|12|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。