トップ 最新 追記

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2014-05-09

_ 2014/05 OpenStreetMap マッピングパーティ in 姫路で歩いてきました

男山から

nogajun's photo.

写真は男山からの姫路城。絶景ポイントということでViewpointを入れてます。

さて、先週の話になりますが、ゴールデンウィークにOpenStreetMap マッピングパーティ in 姫路 2014/05というイベントを開催しまして、姫路城周辺を歩いてきました。

姫路は歴史的なものが多くて書くものが多すぎだけど、徐々に整備されていって、これからいろんな事ができそうな予感。

継続開催して続けたいけど、課題としては姫路の人をどう巻き込むかだよな。 まち歩きはみんな好きだけど、まちを歩いてOpenStreetMapの地図を作ろうとなると理解されないところがあるので、どうやって理解してもらおうか。

フルスクリーン表示

GPSの軌跡表示にuMapを使いましたが、gpxをアップロードするとレンダリングしてくれるuMap便利すぎ。


2014-05-13

_ LibreOfficeからGoogle Driveにアクセスして文書を利用…できませんでした(おあずけ)

DebianからGoogle Driveにアクセスする方法を探してたら、LibreOffice 4.2からGoogle Driveを参照して文書が開けるとのこと。

ということをTwitterでつぶやいたら、いくやさんからこんな情報をいただきました。

となると確認せねばと思ったので試してみました。

手順

  1. LibreOfficeメニュー[ツール]-[オプション]からオプション画面を開いて、全般の「開く」ダイアログと「保存」ダイアログ」の「LibreOfficeダイアログを使用する」にチェックを入れる。
  2. ツールバー[ファイル]-[開く]を選んで、ファイルダイアログを開く。
  3. 右上にある[サーバーに接続]ボタンを押して、サーバーを登録する。
    • 名前: 任意の名前
    • 種類: CMIS
    • サーバーの種類: (選択しない)
    • バインドするURL: https://www.googleapis.com/drive/v2
    • パス: (入力しない)
    • ログイン: Googleアカウントを入力
  4. 「場所」にGoogle Driveが登録されるのでクリックすると…

「一般的なI/Oエラー」が… orz

調べてみると、やはりいくやさんの情報通り、Windowsでは使えるけれどLinux(とMac)では動かないようです。 最初、Debianパッケージ版を使っていたのでTDFビルドも試してみたけれど同じ結果だったので、まだしばらく使えないようです。

WindowsのLibreOfficeで試すと、Google Driveのファイル一覧が表示されて、編集、保存ができるので使えるようになればいいなぁ。

2015/10/7 追記

によるとビルドオプションの--with-gdrive-client-id--with-gdrive-client-secret が有効になっていないそうで、利用するには有効にしてビルドするしかないそうです。

_ Debianにも行動規範(Code of Conduct)ができた

Debian Devel MLなんか見てると酷いメールでたびたび炎上していたりしますが、なんとかしなきゃねーということでDebianでも行動規範ができました。ということでDebian Project Newsにまとめが出てたので紹介。

Tags: debian

2014-05-30

_ packer-windowsテンプレートを使ってWindows 8.1 update(日本語版)評価版のVagrant Boxができた

Windows環境の検証で「Vagrantが使えたらな」と思ってましたが、Vagrant 1.6から正式にWindowsゲストに対応したので、packerを使ってWindows 8.1 update(日本語版)評価版を使ってVagrant Boxを作ってみました。

準備

packer用のWindowsテンプレートは、VeeWeeからの移植版という形ですでに作られています。

これをcloneして、適当にbranchを切っておきます。一回こっきりならzipファイルをダウンロードして使ってもおk。

テンプレートの中にはisoディレクトリがあるので、ここにISOイメージを置いておきます。 コピーでもシンボリックリンクでもどちらでもかまいません。

設定

変更するファイルは「windows_81.json」と「answer_files/81/Autounattend.xml」の2つです。

まずwindows_81.jsonのISOイメージの場所とmd5チェックサムを変更します。 ISOイメージの場所はisoディレクトリを指定します。 md5チェックサムは、md5sumコマンドで調べられられるのでこれを使います。

"type": "virtualbox-iso",
"iso_url": "./iso/9600.17050.WINBLUE_REFRESH.140317-1640_X64FRE_ENTERPRISE_EVAL_JA-JP-IR3_CENA_X64FREE_JA-JP_DV9.ISO",
"iso_checksum_type": "md5",
"iso_checksum": "38a1026af48eff582389acb48e8429bb",

VirtualBoxの設定でゲストOSタイプが「Windows2012_64」になっているので、これを「Windows81_64」に変更しておきます。

"guest_os_type": "Windows81_64",

次に、answer_files/81/Autounattend.xmlを変更します。

KMSクライアントキーをWindows 8.1 Enterprise用に変更します。

<!-- Product Key from http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff793406.aspx -->
<ProductKey>MHF9N-XY6XB-WVXMC-BTDCT-MKKG7

言語の指定をen-USからja-JPに変更します。

<SetupUILanguage>
    <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
</SetupUILanguage>
<InputLocale>ja-JP</InputLocale>
<SystemLocale>ja-JP</SystemLocale>
<UILanguage>ja-JP</UILanguage>
<UILanguageFallback>ja-JP</UILanguageFallback>
<UserLocale>ja-JP</UserLocale>

Windows関連の設定はよくわからないので、この辺も参考にするといいかも。

作成

あとはpackerを実行すればVagrant boxが作成できます。 自分はVirtualBoxだけあればよかったので、こんな感じ。

$ packer build -only=virtualbox-iso windows_81.json

作成には、かなりの時間(自分の環境では2時間ぐらい)がかかるので気長に待ちます。

使ってみる

作成したboxをvagrant box addで追加。

Vagrantfileは、packer-windowsにvagrantfile-windows_81.templateというテンプレートがあるので、これをVagrantfileとしてコピーして、config.vm.boxを登録したbox名に編集します。

vagrant upすればWindowsのboxが起動します。

config.vm.communicatorをwinrmからsshに変更すれば、SSHでログインできます。

リモートデスクトップでの接続は、接続が許可されていないので、一度、GUIを有効にして(コメントアウトされている v.gui = true のコメントを外す)改めてリモートデスクトップの接続許可を有効にすると接続できます。


2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。