トップ 最新 追記

Days of Speed

過ぎゆく日々を書こう。忘れっぽい未来の自分のために


2012-12-03

_ FontConfigのユーザー設定ファイルの置き場所が変わったそう

ubuntuでInkscapeのSodiを使ってたら、こんなメッセージが出てきた。

Fontconfig warning: "/etc/fonts/conf.d/50-user.conf", line 9: reading configurations from ~/.fonts.conf is deprecated.

これはSodiの問題じゃなくてFontConfigの設定?と思ったので調べてみると、FontConfigのユーザー設定ファイルの置き場所が ~/.fonts.conf から ~/.config/fontconfig/fonts.conf に変わったそうな。

2012/12/11追記

Typoを修正しました。mnogさんありがとうございました!

Tags: linux
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ mnogu [拡張子はconfのまま変わらないのでは? つまり、~/.config/fontconfig/fonts.config..]

_ nogajun [おおっと。入力間違いですね。fonts.confが正しいです。 ツッコミありがとうございました。]


2012-12-07

_ JUSO Music Jelly! feat. 音部 vol.02でかけたプレイリスト

JUSO Music Jellyでかけたプレイリストです。Jamendoにある曲だけをかけたので気に入ったらダウンロードしてください。 プレイリストを作ったのに公開方法がわからない…

わかりました。JamendoのMy Profileを見ると自分が作成したプレイリスト一覧が表示されるので、そこからリンクをたどると良いようです。ということで、こちらからどうそ。音源のダウンロードもできます。

Artist / Title
--------------------------
Nikoo / Shameless
Molim / pista1
Astro Naughty / Songbird
Thomas Allan / Break The News
Brad Sucks / Dropping out of School
Juanitos / Loca Linda
The Dead Rocks / Easy Job
Shorthand Phonetics / Today Adam Gets His Hair Cut
Welcome To Ashley / What a Day it was for Dying
The Feelds / Christmas time again

ちょっと音源を追加してMixCloudにMixをアップロードしました。

Tags: music

2012-12-11

_ LibreOffice Impressで自動設定にしているフォントの色を正しく選択させる

LibreOffice Impressの自動設定しているフォントの色が、GTK2テーマにダーク系テーマを設定していると、背景色を誤認識して黒系の背景色に対して黒のフォントを選択してしまいます。

環境としてはGNOMEを使っていてlibreoffice-gtkパッケージが入ってる場合のみ。それ以外の時は正しく黒系の背景色の場合は白のフォントが選択される。影響を与えるのはGTK2テーマのみでGTK3テーマは影響しない。

調べると、すでにバグ報告されて修正もされてるので、そのうちに直ると思いますが問題は今!どうするか! ><

バッドノウハウ的にGTK2テーマだけClearlooksに変更して使っていたけれど、LibreOfficeフォーラムにあった回答をヒントに、オプションのフォントの色を自動から白に変更すると、あら不思議。

画像の説明

黒系背景色でもきちんとコントラストがついた色に設定されますよ!それだけじゃなく白系背景色の場合でも、ちゃんとフォントの色を黒が選択されます。

助かった。

_ スクリーンショットを取る時、Shutterが便利

さっきのオプション画面を撮る時、「そういやスクリーンショット便利ツールがあったな」と思ってShutterをインストールして使ってみた。 スクリーンショットを撮った後、そのまま注釈が入れられるので便利。

sidな人は apt-get install shutter でインスコできます。

Tags: linux

2012-12-21

_ Wheezyのデフォルトのフォント設定がヘンな気がするので調べてみた

VirtualBoxにWheezyをインストールしたのですが、デスクトップ環境を入れた時、フォントの設定がおかしな気がしたので調べてみたのでメモ代わりに書きます。

まず、fontconfigでlang=jaの場合で「何もなし」「sans」「serif」「monospace」で、どのフォントにマッチするか調べてみた。

$ for i in {'',sans,serif,monospace};do fc-match "$i:lang=ja";done
VL-Gothic-Regular.ttf: "VL Gothic" "regular"
VL-Gothic-Regular.ttf: "VL Gothic" "regular"
VL-Gothic-Regular.ttf: "VL Gothic" "regular"
VL-Gothic-Regular.ttf: "VL Gothic" "regular"

sansでもserifでも全部VLゴシックが使われてるみたい。 だけど、InkscapeやGIMPだとserifはIPA明朝がマッチしてるから間違ってるような…。sansとmonospaceはVLゴシックがマッチしてた。

$ lsof | grep inkscape | grep ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1  3816416  137522 /usr/share/fonts/truetype/vlgothic/VL-Gothic-Regular.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1  8046712  137519 /usr/share/fonts/opentype/ipafont-mincho/ipam.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1   139628  133230 /usr/share/fonts/truetype/liberation/LiberationSans-Regular.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1   333636  132090 /usr/share/fonts/truetype/ttf-dejavu/DejaVuSansMono.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1   363200  132087 /usr/share/fonts/truetype/ttf-dejavu/DejaVuSerif.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1   720012  132092 /usr/share/fonts/truetype/ttf-dejavu/DejaVuSans.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1    32556  139670 /usr/share/fonts/truetype/lyx/cmmi10.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1    23744  139664 /usr/share/fonts/truetype/lyx/eufm10.ttf
inkscape  3919              jun  mem       REG        8,1    24412  139666 /usr/share/fonts/truetype/lyx/esint10.ttf

GNOME 3のフォント設定のデフォルトがどうなってるかというと

$ gsettings list-recursively | grep font | grep interface
org.gnome.desktop.interface document-font-name 'Sans 11'
org.gnome.desktop.interface font-name 'Cantarell 11'
org.gnome.desktop.interface monospace-font-name 'Monospace 11'

全部VLゴシックにマッチしてるのか。

/etc/fonts/conf.avail/65-nonlatin.conf(/etc/fonts/conf.d/65-nonlatin.confとしてシンボリックリンクが貼られている)のsans-serifの順番を見てみると、MSゴシックが一番で次が梅Pゴシック、ついでVLゴシックがきてるからIPAフォントは後回しにされてる。

それにしても、なぜこの順番なんだ? 自分の気持としてはIPA PゴシックがきてVL Pゴシックがきてほしいな。

<family>MS Gothic</family> <!-- han (ja) -->
<family>UmePlus P Gothic</family> <!-- han (ja) -->

<family>VL Gothic</family>
<family>IPAMonaGothic</family>
<family>IPAGothic</family>
<family>Sazanami Gothic</family>
<family>Kochi Gothic</family>

<family>MS ゴシック</family>

sansのほうも見てみるとMS明朝とさざなみ明朝ですか…。さざなみ明朝は入ってないから飛ばされてるけど、入ってたら酷いことになってるな。

<family>MS Mincho</family> <!-- han (ja) -->

<family>Sazanami Mincho</family>
<family>IPAMonaMincho</family>
<family>IPAMincho</family>
<family>Kochi Mincho</family>

<family>MS 明朝</family>

ということで/etc/fonts/conf.avail/65-nonlatin.confを~/.fonts.confにコピーして、編集してみた。 (ubuntuと違うけど、Wheezyだと~/.config/fontsconf/fonts.confに置いても読んでくれなかった)

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
	<alias>
		<family>serif</family>
		<prefer>
			<family>IPAPMincho</family>
		</prefer>
	</alias>
	<alias>
		<family>sans-serif</family>
		<prefer>
			<family>IPAPGothic</family>
		</prefer>
	</alias>
	<alias>
		<family>monospace</family>
		<prefer>
			<family>VL Gothic</family>
		</prefer>
	</alias>
</fontconfig>

fc-matchで確認してみる。

$ for i in {'',sans,sans-serif,monospace};do fc-match "$i:lang=ja";done
ipagp.ttf: "IPAPGothic" "Regular"
ipagp.ttf: "IPAPGothic" "Regular"
ipagp.ttf: "IPAPGothic" "Regular"
VL-Gothic-Regular.ttf: "VL Gothic" "regular"

sans-serifだけヘンだけど、それ以外は大丈夫かな。

ヒンティングがヘン

sans,sans-serif,monospaceで思った通りのフォントが選択されるようになったけれど、フォントがギザギザです。 これはhintingかなと思ったのでgnome-tweak-toolsでhitingを「none」にすると大当たりでした。

で、これは/etc/fonts/conf.avail/25-unhint-nonlatin.confがあるので、/etc/fonts/conf.d/にシンボリックリンクを貼ってあげると大丈夫なはず…。だけどファイルの中身を見るとあらびっくり。 kochiとsazanamiしか書いてません!><

ということで ~/.fonts.confにヒンティングを無効にする設定を追記してこんな感じにしてみた。

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
	<alias>
		<family>serif</family>
		<prefer>
			<family>IPAPMincho</family>
		</prefer>
	</alias>
	<alias>
		<family>sans-serif</family>
		<prefer>
			<family>IPAPGothic</family>
		</prefer>
	</alias>
	<alias>
		<family>monospace</family>
		<prefer>
			<family>VL Gothic</family>
		</prefer>
	</alias>

        <match target="font">
                <test name="family" compare="eq">
                        <string>IPAMincho</string>
                </test>
                <edit name="hinting" mode="assign">
                        <bool>false</bool>
                </edit>
        </match>

        <match target="font">
                <test name="family" compare="eq">
                        <string>IPAPMincho</string>
                </test>
                <edit name="hinting" mode="assign">
                        <bool>false</bool>
                </edit>
        </match>

        <match target="font">
                <test name="family" compare="eq">
                        <string>IPAGothic</string>
                </test>
                <edit name="hinting" mode="assign">
                        <bool>false</bool>
                </edit>
        </match>

        <match target="font">
                <test name="family" compare="eq">
                        <string>IPAPGothic</string>
                </test>
                <edit name="hinting" mode="assign">
                        <bool>false</bool>
                </edit>
        </match>

        <match target="font">
                <test name="family" compare="eq">
                        <string>VL PGothic</string>
                </test>
                <edit name="hinting" mode="assign">
                        <bool>false</bool>
                </edit>
        </match>

        <match target="font">
                <test name="family" compare="eq">
                        <string>VL Gothic</string>
                </test>
                <edit name="hinting" mode="assign">
                        <bool>false</bool>
                </edit>
        </match>
</fontconfig>

まとめ

  1. フォントマッチングの順番が今時の感じじゃないので順番を変えたほうがいいよね。
  2. 日本語フォントはヒンティングを無効にしたほうがキレイだよね。

ということを思いました。

で、fontconfig-configパッケージで解決するとなると、新しいフォントが出るたびに書き換えてもらわないといけないし、もしかすると他の言語のフォント設定に影響をあたえるかもしれないから、中国語フォントのfonts-arphic-ukai, fonts-arphic-umingパッケージみたいにフォントパッケージがfontconfigの設定を持つといいのかなーと思ったりしました。

どの方法がいいかもう少し考えてから、やまねさんに相談?

Tags: debian
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ henrich [IPAフォントを優先するつもりはなく、VLゴシックを使おうということで意図的な部分はあります。]

_ うわばみ [でも、serif で gothic が返るのはおかしいと思うけれど。]

_ nogajun [henrichさん VLゴシックを使おうという意図はいいと思いますが、serifは明朝系のフォントだと思うし、san..]


2012-12-22

_ Wheezyで初めてGNOME 3に触れるあなたに送る、GNOME 3のレイアウトをカスタマイズしてWindowsっぽいレイアウトにする方法

フォントのことをまとめてたけど、ほんとは小ネタでこっちを書きたかったんや…。

それはさておき、Wheezyからデフォルトのデスクトップ環境がGNOME 3になります。

GNOME 3は、見た目がGNOME 2と比較するとかなり変わってるので「とっつきにくい」と思われる方もいますが、設定を変更するツール「高度な設定(gnome-tweak-tool)」と、GNOME 3のGNOME Shellに機能を追加する「拡張機能(Extension)」を使うと大胆なカスタマイズが可能です。 ここでは「Windowsっぽいレイアウトにする」ことを例に、GNOME 3デスクトップのカスタマイズについて紹介します。


デスクトップ上にアイコンを出す

まずは「高度な設定(gnome-tweak-tool)」を使ったカスタマイズから紹介します。

GNOME 3のデフォルトではデスクトップ上に何も表示されないようになっていますが、設定を変更すると従来のようにデスクトップにアイコンを置くことができます。それでは変更してみましょう。

「高度な設定(gnome-tweak-tool)」を起動します。 起動方法は、マウスカーソルを左上に持って行き「アクティビティ」を開きます。「アプリケーション」を選択しランチャーの「システムツール」を選択、もしくは右上の検索窓に「tweak」と入力すると「高度な設定」アイコンが表示されるのでクリックして起動します。

「高度な設定」ウィンドウが開いたら「デスクトップ」を選び、一番上にある「Have file manager handle the desktop」をオンにします。 これで「Computer」「Home」「Trash」アイコンがデスクトップに表示されました。

「Have file〜」の下「Computer icon visible on desktop」から「コンピュータ」「ホーム」「ネットワーク」「ごみ箱」「マウントされたデバイス」の表示のオン・オフになってるので自分の好みで変更するとよいでしょう。

ウィンドウの右上に「閉じる」「最大化」「最小化」ボタンを出す

GNOME 3デフォルトのウィンドウには「閉じる」ボタンしかありませんが、これを昔ながらの表示にします。 表示の変更は、「高度な設定」ウィンドウの「GNOME Shell」を選び、「Arrangement of buttons on the titlebar」を「All」に変更します。

Nautilusにファイルのパスが入力できる「場所」バーを出す

ファイルマネージャのNautilus(GNOME 3から名称が「ファイル」に変更されてますが)には、ファイルパスの場所を入力する「場所」バーがありません。 「/」キーを押すと表示されるますが、常に表示させたい人がいるでしょう。

これを変更するには、「高度な設定」ウィンドウの「ファイル」を選び、「Always use the location entry, instead of the pathbar 」をオンにします。


GNOME Shell 拡張機能(Extension)インストールの基本

ここからはGNOME Shellに拡張機能をインストールしてカスタマイズします。 GNOME Shellに拡張機能をインストールする方法は、とても簡単です。

Iceweaselなどのブラウザで「GNOME Shell Extensions」にアクセスして、追加したい機能のページを開きます。

機能のページの左上にスイッチがあるので、このスイッチをクリックします。 すると「extensions.gnome.orgから〇〇(拡張機能名)をダウンロードしてインストールしますか?」と尋ねるダイアログが表示されるので、インストールボタンを押すとインストール完了です。

拡張機能を使わなくなったときは、前述の「高度な設定(gnome-tweak-tool)」の「GNOME Shell 拡張機能」で機能のオン・オフができるのでオフにしてください。

ちなみに、インストールした拡張機能は ~/.local/share/gnome-shell/extensions/ 以下にインストールされます。

ユーザーメニューに「高度な設定」などのメニューを追加する

SettingsCenter - GNOME Shell Extensions」をインストールすると、ユーザーメニュー(画面右上にあるユーザー名が表示されているメニュー)に設定を呼び出すメニューが追加できます。 「高度な設定」は前述のようによく使いますが、これで起動しやすくなりますね。

「アクティビティ」をWindowsのスタートメニューのようなアプリケーションランチャーに置き換える

gnome-shell-extensionsパッケージには「Applications Menu拡張機能」というGNOME 2のようなアプリケーションメニューを表示する拡張機能がありますが、見た目が地味な上にアクティビティの隣に表示されるので使い勝手がよくありません。

Axe Menu - GNOME Shell Extensions」をインストールすると、アクティビティを移動し、元の場所にアプリケーションメニューを表示させてわかりやすくなる上、見た目が今時な感じになるのでオススメです。

バーにウィンドウの一覧を表示させる

TaskBar - GNOME Shell Extensions」をインストールすると、アプリケーションアイコンの位置にウィンドウの一覧を表示します。コンパクトで使い勝手もいい感じです。

バーの位置や表示方法を変更する

Panel Settings - GNOME Shell Extensions」をインストールすると、ユーザーメニューにデスクトップ上部に表示されているバーの位置を変更したり表示方法を変更するメニューを追加します。

ユーザーメニューのユーザー名を「終了」ボタンに置き換える

Quit Button - GNOME Shell Extensions」を使うとユーザー名が表示されているユーザーメニューを終了ボタンに置き換えられます。

時計の表示を右側に寄せる

時計がバーの中心に表示されていますが、これをバーの右側に表示させたい人もいるでしょう。 その場合は「Frippery Move Clock - GNOME Shell Extensions」を使うと右側に寄せることができます。


Dockを画面の左側に表示させておきたい

gnome-shell-extensionsパッケージの「Dock拡張機能」を使うとアクティビティ画面にあるDockを画面右側に表示できますが、スクロールバーと重なることがあって正直使い勝手はあまりよくありませんでした。

Dash to Dock - GNOME Shell Extensions」を使うと、Dockが画面の左側に表示されるのでスクロールバーの邪魔にならずに使うことができます。

GNOME2のパネルやMacみたいなDockがほしい

Panel-Docklet v14 - GNOME Shell Extensions」を使います。 派手なDock拡張なのでいろいろ設定できますが、自分としてはシンプルなDash to Dockのほうが使いやすい気がします。

GNOME Shellのテーマを変更する

Wheezyではgnome-shell-extensionsパッケージがインストールされており、最初からいくつかのGNOME Shell 拡張機能が使えるようになっています。 中でもGNOME Shellの見た目(テーマ)を変更する「User Themes拡張機能」は、よく使う機能ですが有効になっていないので、「高度な設定(gnome-tweak-tool)」の「GNOME Shell 拡張機能」から「User Themes拡張機能」をオンにして、有効にしておきます。

ということでFaience GNOME-Look.org(GNOME Shell/GTK)とFaience GNOME-Look.org(アイコン)に変更してみました。

変更方法はテーマを展開するとそれぞれのテーマのディレクトリがあるので、~/.themes/ディレクトリに移動させます。アイコンは展開するとそれぞれのアイコンのアーカイブがあるので、~/.icons/ディレクトリに移動し、それぞれを展開します。 ~/.themesディレクトリと~/.iconsディレクトリは無ければ作成してください。

それぞれを置いたなら「高度な設定(gnome-tweak-tool)」のテーマから変更できるようになるので、それぞれ設定します。


元のGNOME3と見比べてみよう

元のGNOME 3と設定を変更したGNOME 3がどれだけ違うか見てみましょう。

変更前のGNOME 3変更前のGNOME 3その2

変更後のGNOME3変更後のGNOME3その2

上が元のGNOME 3デスクトップ画面、下が設定を変更した後のGNOME 3デスクトップ画面です。 Cinnamon(Debian -- sid の cinnamon パッケージに関する詳細)なんていらんかったんや!

……。 いや、それはさておき、gnome-tweak-toolと拡張機能だけでこれだけカスタマイズできるということで書いてみました。

Tags: debian gnome

2012-12-25

_ 12月25日午前1時ごろGmailから送信されたスパムメールについてのお詫びとお知らせ

お詫び

12月25日午前1時から1時13分にかけて、野方が使用しているGmailアカウントに不正ログインがあり、Gmail連絡先リストに登録されていたメールアドレス宛にURIのリンクのみを記載したメールが送信されました。

このような事態を招き、皆様に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。申し訳ありません。 また、メールを受け取られた方は、URIのリンクにはアクセスせず削除いただくようお願いします。

この度はご迷惑をおかけして本当にすみませんでした。

2012/12/25 野方 純


経緯について

12月24日、野方は自宅におらず大阪の方に出ていました。 そして外出先ではほとんどGmailへアクセスをせず、スマートフォンもほとんど見ていませんでした。

Gmailのアカウントアクティビティによると、12月24日午後11時48分と12月25日午前1時2分にアメリカのそれぞれ別のIPアドレスから野方のGmailアカウントへ不正なログインがありました。

24日午後11時の不正ログインの際、Googleから不正アクセス検出とブロックを知らせるメールがスマートフォンに届いていたので、この時に気がつけば防げた可能性がありました。 しかし、その時には就寝しており、25日午前1時の不正アクセスによるスパムメールの送信を許してしまいました。

25日午前7時前、起床してスマートフォンを確認したところ、スパムメールについての問い合わせがメール、Twitter、Facebookメッセージなどであり、そこで初めて野方のGmailアカウントへ不正ログインがあり、スパムメールを発信していたことを知りました。

スパムメールの発信について知ったけれど、そこの場所を出なければいけなかったので、急いで姫路の自宅へ帰宅したのが午前10時ごろでした。

作業はまず、Gmailアカウントへログインができるかを確認しました。 確認したところパスワードが変更されておらずログイン可能でしたので、「自分のアドレスから誰かがメールを送信している - Gmail ヘルプ」を参考に外部への転送などが設定されていないかなどを確認しました。

設定が変更されていないことが確認されたので、apgを使い長い文字列でパスワードを生成し変更。そして2段階認証プロセスの設定をしました。それ以後、不正なログインは確認されていません。

その後、送信済みメールのチェックやGoogleアカウントに接続していたWebアプリケーションなどの接続解除、念の為、他のWebサービスのアカウントのチェックとパスワードの変更をして、まずはこの文章をまとめました。


不正アクセスの原因について

根本的な原因については、心当たりもなく、まだわかりません。

ただ、今、考えるとパスワード強度が弱いパスワードを長く更新していなかったことが不正ログインを許し、2段階認証プロセスの設定をしなかったことが被害を広げたのでは?と思いました。

その事から再発防止策として、今回設定した2段階認証プロセスに加え、前述のapgを利用すると覚えやすくランダムなパスワードが生成できることがわかったので、パスワードをこまめに更新してこのような事が起こらないようにいたします。

この度はご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。


送信されたメールについて(2012/12/26 19:30)

送信されたメールについて調べた結果をお伝えします。

野方のアカウントから送信されたスパムメールは全部で7通送信されました。 送信されたメールアドレスは、262になります。メールアドレスの中には、メーリングリストも含まれているので受け取った方はそれ以上になると思われます。

送信されたメールの特徴は

  • サブジェクトがない。
  • 本文はURIの一行のみ。
  • BCCでメールドレスが20から40前後(数は一定ではなくランダム)列挙されて送信された。

といった特徴があります。

送信されたメールは少なかったのですが、BCCで列挙されたメールアドレスが多く個別のお知らせが遅れています。 (2012/12/30 すみません。送信されたアドレスが多く、個別にお送りするとお詫びのメール自体がスパムになるので問い合わせのあった方のみお詫びをお送りしました。申し訳ありませんでした。) 受け取られた方にはお詫びをすると同時にメールの削除をお願いします。


疑問や質問など(2012/12/30 17:00)

なぜGoogleアカウントに不正ログインされたのか原因を探ってらっしゃる方もいらっしゃるので、自分が思うところを書きます。 なにかあれば追記します。

コンピュータウィルスに感染したのですか?

いいえ。 野方はデスクトップ、ノートともにDebian GNU/Linux(Sid)を使っています。しかもコンピュータを利用していない時間に送信されました。ですので、Googleのサーバーに直接不正ログインしたと思われます。

パスワードを共有していましたか?

はい。いくつかのサイトとパスワードを共有していました。 第一報でパスワード強度と書きましたが、アルファベットと数字の組み合わせの8文字で、すごく弱かったということはなく、むしろ「パスワードの共有」と「長く変更しなかった」点がクラックの原因かなと今となっては思います。


2012-12-26

_ Gmailアカウントに不正ログインされスパムメールを送信された事例が多発しているようです

クリスマスにかけて大規模なGoogleアカウントクラックがあった模様。 共通点としては「12月25日に狙われた」、「アクセス元はアメリカ」ということで同一犯のような気がします。


2012-12-27

_ Gmailの連絡先にFacebookとTwitterの連絡先が追加されていた

Gmailからのスパムメール送信の件です。

Gmailから送信されたスパムメールにいくつか見慣れないメールアドレスが使われていました。 「これはどこから持ってきたのだろう?」と思っていましたがGmail連絡先を見ると、Facebookでフレンド登録している人とTwitterのフォローしているアカウントが連絡先として登録されていました。

Twitterアカウントについてはアカウント名が登録されていただけでしたが、Facebookのフレンド登録しているアカウントの方はFacebookで公開されてるメールや電話番号がしっかり登録されており、このメールアドレスにもスパムメールを送っていたということでした。

となると、なぜGmail連絡先にFacebookとTwitterの情報が登録されていたのか理由を考えると、おそらくAndroidスマートフォン経由でしょう。 両方が登録された理由としては、自分が使っているHTC Desire HDはHTC SenseでGoogle/Facebook/Twitterアカウントを統一的に扱える機能を提供しているのでそれか、Facebook/Twitterアプリでうっかり同期させてしまったか、そのどちらかになると思いますが初期化した今となっては確認できません。

どちらにせよ連絡帳の同期が被害を広げた一因と言えるので、皆様も連絡帳の同期設定には、どうかお気をつけ下さい。


2012-12-30

_ スパムメール関連での野方の返信はGPG署名をしてお送りしています

スパムメール送信について問い合わせのあった方のメールの返信は、GPGで署名して返信しています。

公開鍵とフィンガープリントはこちら。

5765 DF21 4B97 4F55 3DB9  5428 0511 4BD7 717F 1445

ということで、署名を確認していただければと思います。

ていうか、こういう事で役に立つとはね…。

_ 一行一メールアドレスで書かれたテキストファイルをドメイン名でソートする

スパムメール送信関連でスパマーが送信したメールから送信されたメールアドレスを抜き出して整理するとき、ドメイン名でソートしたいと思った時の話し。

sortコマンドには単純なソートだけじゃなくセパレータを指定して、セパレータで分割されたフィールドごとにソートを行うことができます。

たとえばこんな感じのメールアドレスが書かれたテキストファイルがあるとします。

fuga@example.net
bar@example.example.org
hoge@spam.example.com

これをソートする場合、soreコマンドの-tオプションで「@」をセパレータにして、-k2で@以降のドメイン名部分、-k1,1でアカウント名部分を指定してソートすればドメイン名、アカウント名でソートできます。

$ sort -t @ -k2 -k1,1 mailaddress.txt

アカウント名部分のオプションで-k1と書かず-k1,1と書いているのは、-k1では1以降のドメイン名部分ソート対象になるので明示的に-k1,1と書きます。


2012-12-31

_ 2012年もありがとうございました

2011年は東北の震災から始まりいろいろあって、2012年は落ち着かと思いきや最後の最後で#GmHackHigaiのような事があって、皆様にご迷惑をおかけしました。 2013年は良い年にしたいと思います。

よろしくお願いします!

Tags: life

2001|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|06|08|12|
2011|01|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|12|
2014|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|10|11|12|
2017|01|02|11|12|

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス Jun NOGATA を著作者とするこの 作品クリエイティブ・コモンズの 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。